めっきの技術 めっきの技術
TOP めっきの技術 溶射の技術 機械加工技術 設備 会社概要 沿革 問合せ

ハードクロムめっき

工業用クロムめっきの優位性に着眼して弊社の主なる業務に取り入れています。当社のめっき技術はいかなる大型、長尺、重量物でも、また被めっき体の素材を選ばず、鋼材はもとよりダイス鋼、ステンレス、モリブデン鋼、アルミ、鋳鉄に至るまで完ぺきに加工します。

設備面でも1,000リッターめっき槽(整流器1000Ap)から10,000リッターめっき槽(整流器12,000Ap)まで小さなものから大きなものまで対応できるように工場を設計・設備しました。「クロムのめっきをいかに平滑に析出させるか」を命題にプロジェクトチームを発足させ、直径800mmの被めっき体にめっき厚50ミクロンのめっき厚仕様に対し、公差±2.5ミクロンに成功しました。

 

 

主要特性
硬 度 クロムメッキを施工することにより通常Hv800〜Hv1000の硬さが得らま。電気めっきの中ではもっとも高硬度で、熱処理、窒化鋼などよりはるかに上回ります。より硬さを必要とする部分に最適なめっきです。
耐摩耗性 クロムメッキの特性の中で一番基本的な特徴です。常時滑動をともなう部品の表面に加工され、機械本来の寿命を大幅に延ばします。用途によっては10〜15倍延ばします。
肉 盛 性 寸法補正や修理部品の補修などにも用いられます。
耐 食 性 30〜50μm以上のクロムめっきの厚みで耐食性は確保できます。他の主要特性とあわせて用いられます。
離 型 性 クロムメッキは摩擦係数が小さく、化学的に抵抗があり、温度による酸化損耗がきわめて少ない特性があります。その特性を利用して鍛造、プレス、金型などに用いられます。
使 用 例
ピストン、ピストンロッド、ピストンリング・軸受け・印刷機のシリンダー、ロール、金型・タービンブレード・ポンプ、工具、検査具・切削工具類・肉盛による部品の寸法補正など